なぜ、まともな人・優秀な人から辞めていくのか?

あなたは、疑問に思ったことはありませんか?
「なぜ、まともな人・優秀な人から辞めていくのか?」と。

結論からいうと「ヤバい会社だから」です。
優秀な人ほど見切りは早く、かつ転職活動すればすぐに転職先が見つかるため辞めていきます。

ヤバくない、ホワイトな企業であれば誰も辞めません。
それなのに、優秀な人から辞めていくのには必ず理由があります。

それが「ヤバい会社だから」、つまり業績が悪くいつ傾くか分からない会社、だということです。

ではここでなぜ優秀でない人は残るのか?
それは、現状を理解できていない、また今いる会社にいたほうが居心地がいいから。
だから、辞める選択肢もなければ、転職さえしようとしません。

結局、人間は現状維持を好む生き物です。
なぜなら、動くのにはエネルギーが必要で苦痛を伴うから。

でも、現状に留まればエネルギーは使わず、居心地の良い場所でぬくぬくと生きていけます。

そして、何より現状を見向きもしません。
見た途端に背筋が凍る思いをするから。現実逃避しようと必死なのです。

優秀な人ほど将来性を常に精査しながら生きています。
優秀でない人ほど現状に甘んじて将来性など一切考えません。

これが優秀な人とそうでない人の差であり、すぐ辞めていく最大の理由です。

参考:なぜまともな人から辞めていくのか?【有能な人ほど退職する本当の理由】