インプラントとブリッジはどこが違うの?

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。
一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。ですから、見た目を考えればブリッジよりインプラントの方が優るというべきでしょう。
さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛さもあるのです。
インプラント治療も万能ではなく、基本的には他の治療が難しい患者さんが受ける治療です。
周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラントしかないとされる患者さんが多くを占めます。インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。
欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだときに安定しており、どんなガムでも安定した噛み心地なのはこの治療の良さでもあります。
ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。
ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどにしっかりした構造になっています。
もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。
インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。
この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全ては歯科医の裁量にかかっておりかなり治療実績には差があると考えられます。
インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと考えて欲しいのです。
とにかく入念に、歯科医選びをすることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。骨と一体化して安定した歯根となりやすく金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。
インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的に治療をすすめていくので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけばより快適に、長期間使えるようになるのです。
喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の成否を分けます。
周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。
インプラント治療のために何でもできると思うなら、思い切って、治療が終わるまでの間は禁煙あるのみです。
年々利用者が増えてきたインプラント。その施術とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこにフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。入れ歯などの方法と比べると、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの卓越した技術が必須といえるでしょう。それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。
利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。
腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、どうなると言い切ることはできず、結局、治療してみるまで分からないということになります。歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、腫れた部位を冷やすなどしても、なお痛みの治まる気配がないときは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。
徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、以前と比べて息のニオイが気になるという話もたまにあるということです。
これでは折角のインプラントが台無しです。理由としては、義歯と歯茎の間に食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっているという可能性もあるのです。
ひょっとして、と思ったら、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。
インプラント治療も医療行為ですが、全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんがしかし、医療費控除の対象ではあります。医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に治療費を収入から引くことができます。
確定申告をするときの注意点として医療機関で必ず発行している領収書が必ず要求されるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。インプラントについて、簡単に説明すれば歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。
従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯の根元が骨に埋まっているので強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。
なお、インプラント治療は全て自費となり、治療費が高額になることは問題点です。
インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。それらのパーツの構成により、複数のタイプに分類することができます。
人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるものが1ピースタイプです。
他に、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。
よりメジャーである2ピースタイプは、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれており、それぞれ特性が異なります。
手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるのが普通です。
数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてひたすら辛抱が大事です。
ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、その原因を究明し、対応することが求められます。
急患でも診療を受けることが必要です。
骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は生涯持つと言われることが多いのですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。
ろくに歯磨きもしないでいると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、あごの骨が浸食されてしまう場合もあり、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も短くなってしまいます。インプラント治療を始める前に治療費が気になるのは当然です。実際のところ、費用の総額は歯科医院ごとに大きく異なります。
なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用設定は歯科医院に完全に任されています。それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。歯一本分のインプラントで、40万円前後が相場です。
差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。
まず、差し歯というのは、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。
なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、埋め込む所がないので使えません。一方、インプラントは原理が全く異なります。
これは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントが定着しなければ再手術を迫られ、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。
典型的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という段階を踏みます。時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。
考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることがほとんどです。
別の原因が隠れていることもあり得るため、違和感がおさまらないときは速やかに歯科医の診断を受けることに努めましょう。これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。
特殊な外科的治療についても技術を要求されるので成功例ができるだけ多い、経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。
それだけでなく、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども最終的に歯科医を選ぶ決め手です。