授業だけで英語が喋れるようになる?

小学校での英語が必修化され、授業だけで英語が喋れるようになるのでしょうか?残念ながら、授業だけでは英語を喋るようにはならないでしょう。

日本人は英語の読み書きはできるけれども喋れないという人が多く、それはなぜかというと、現在の日本の学校教育での英語では、英語の単語や文法をメインに学んでいるためです。英語を喋れるようになるためには、一般的に日常会話ができるようになるのに1000時間必要とされています。

1000時間でも勉強方法によっては、もっと時間がかかることもあるでしょう。英語を喋れるようになるには、もちろん英語が読める、文法が理解できていることが必要になりますが、最も重要なのが聞くこと、話すこと、会話をすることです。英語をアウトプットすることがとても重要といわれています。

日本の授業で課題となるのが、クラスの人数です。1クラスの人数は地域によって差はありますが、30人~40人で1クラスとなっています。先生1人に対して生徒が30人~40人いたら、1人ずつ会話をしていたらすぐに授業が終わってしまいますよね。

また、生徒ひとりひとりのレベルも異なります。生徒ひとりひとりのレベルに合わせて授業をすることはとても難しく、そのような環境もあり、日本の授業で英語を学んでも喋れるレベルには達しません。

英語を喋れるようになるためには、やはり英会話教室など外部学習が必要になるでしょう。英会話教室だと、少人数制やマンツーマンで会話を中心しカリキュラムを組んでいる教室もあり、英語を喋れるようになるための環境は整っています。

そこでネイティブな英会話が体験できると評判なのがGABAキッズ英会話教室です。

GABAキッズ英会話教室は口コミも良く、英会話が自分のものになると効果を体感されている方が多いそうです。

学校の授業だけでも喋れるようになる子はいると考えられますが、その子のやる気や自宅学習や自宅の環境などが影響する部分でもありますので、学校の授業だけで英語を喋れるようになるのは難しいと考えたほうがよさそうです。