時代とともに変わる美容外科への認識

日本の医学界がクオリティ・オブ・ライフ(QOL)を大切に捉える風潮にあり、製造業を始めとする日本経済の発展と医療市場の巨大化により、美容外科(Cosmetic Surgery)は4~5年前ぐらいから注目を集めている医療分野だろう。
美容外科医による施術を受けたことに対して、恥ずかしいという気持ちを抱く方も少なくないため、手術を受けた方々の名誉及びプライバシーを侵害しないように気配りが大切だとされている。
美容とは、顔の化粧や結髪、服飾などの方法で容貌や外見を更に美しく装うために形作ることを指す。なおかつ、江戸時代には化粧(けわい)と同じように使用されていたらしい。
多くの医者がまず使うのが、美白化粧品に配合されているビタミンC誘導体だ。外用抗菌薬と一緒に使用すると6ヶ月ほどで快癒に持ってくることができた事が多いようだ。
美容外科に対するハードルも年々下がり、美容外科手術を受けるのが当たり前のことになっている職業の人もいるようだ。
ユーチューバーや芸能人の中には、美容整形を受けたことをアピールしている人も少なくない。
また、女性だけでなく男性にも最近は浸透してきているのが実情だ。